アウトドアの必需品!ポイズンリムーバーの紹介とレビュー

生活

夏になると、キャンプやバーベキュー、海水浴など屋外で過ごすことが多くなりますよね。 そんな時に注意しなければならないのが毒を持つ生き物です。

毒を持つ生き物は蚊やブヨ、アブ、蜂など挙げていけば切りがありません。蚊などであればあまり気にしない人も多いと思いますが、蜂や毒蛇といった強い毒を持っている生き物に襲われた場合はそうはいきません。

しかも、アウトドアであれば病院が近くに無かったり、初めて訪れた場所で土地勘がない、 などの理由で治療を受けるまでに時間がかかってしまうことも十分あり得ます

蜂の毒によるアナフィラキシーショックは発症期間が10分~15分と言われていて、症状が重い場合は生死に関わります。

こういった事故を防ぐために有効な応急処置の一つは、ポイズンリムーバーを用いて毒を体外に排出するといった方法です。

今回は、ポイズンリムーバーの説明や使い方と実際に購入したのでレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

ポイズンリムーバーとは

ポイズンリムーバーとは、蜂などに刺されたり蛇に噛まれた時、体内の毒を体外に排出してくれる道具です。簡単な操作で毒を吸引することができるので、その後の症状緩和につながります。

ただし、あくまで応急処置なので、毒を完全に取り除くことができるとは限りません。強い毒を持っている生き物に刺された場合は、きるだけ早く病院などの医療機関に行き、医師の診断を受けましょう

ポイズンリムーバーの使い方

ポイズンリムーバーの操作方法は簡単ですが、いざという時に備えて事前に確認しておきましょう。

細かい操作方法は商品によって違うので、ここではポイズンリムーバーを使う際の注意事項を書いていきます

とりあえず落ち着きましょう

噛まれたり、刺されても慌てず落ち着きましょう。焦って動くとかえって毒の周りが早くなるのと、冷静に判断ができなくなってしまいます。

吸引効果を高めるために

傷口付近に体毛がある場合は、カミソリなどで体毛を剃ると、より吸引の効果を高めることができます。

毒を吸引したら

毒液は石鹸と水を使い、丁寧に洗い落とします。その後、傷口を消毒し、絆創膏などで覆います。

使い回しはダメ

ポイズンリムーバーは毒液だけでなく、体液も一緒に吸引します。なので、使い回すと感染症の原因にもなるので止めましょう。

実際にポイズンリムーバーを購入してみた

連休中にバーベキューの予定があったので、ポイズンリムーバーを購入しました。     最初は近くの薬局へ買いに行きましたが、見当たらず。

薬剤師の方に聞いたら「ここらへんでは売ってないよ」と言われてしまったので、ネットで購入することにしました。その際、1000円ぐらいの安物だとすぐに壊れてしまう、とアドバイスを頂いたので少し高めのものを買いました。

見た目はこんな感じで、持ち運びに便利なソフトケース付きにしました。大きさは手のひらと同じぐらいで邪魔になりにくい大きさです。

ケースの内部にはポケットが付いていて、絆創膏などを一緒に入れることができます。   肝心の商品は傷口の大きさに合わせて、使い分けることができるように5種類の吸い口があります。吸引は片手で行うことができるので、手の届く範囲であれば一人でも簡単にできます。

何度か使う機会がありましたが、思っていたより吸引力が強く効果がありそうな感じで、  良い意味で期待を裏切られました。使う前はあまり期待していなかったので(笑)

耐久性についてはまだ分かりませんが、この商品は2年の保証がついているのが嬉しいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント