ディアホライゾンのリセマラのやり方と当たりは?序盤の攻略やレビューも!

スマホゲーム

スクエア・エニックスの新作タイトル「ディアホライゾン」が8月24日からApple storeでサービスが開始されました。

この記事では、ページ上部でリセマラのやり方と当たりランキングなどを紹介し、下部で序盤の攻略とレビューをしていきます。

スポンサーリンク

ディアホライゾンのリセマラのやり方

リセマラの方法は他のアプリと同じく、アプリを削除して再ダウンロードすることで、できます。

リセマラ1回にかかる時間はダウンロードの時間なども含めて5分前後でした。

リセマラ1回でガチャを引ける回数

チュートリアルでユニットのガチャを2回。(★5が出るかは不明)

1日1回無料でできるフリー召喚で1回

プレゼントでガチャに必要なアイテム(精霊珠)を3965個貰えます。

ガチャはユニット召喚と武器召喚があります。

10連ガチャに必要な個数は、ユニットは3000個、武器は1000個になります。

ディアホライゾンのリセマラの当たりや確定演出は?

まだ詳しい性能が出ていないので、とりあえず★5を目指しましょう。

排出確率は以下のとおりです。確定演出もあるようで、ガチャを引いた時に出てくる扉の色でレアリティがわかります。(画像は緑)

  • ★5:6.9%(赤色
  • ★4:50.6%(青色
  • ★3:42.5%(緑色

チュートリアル終了後に貰える精霊珠を全部ユニットガチャに突っ込めば、高い確率で★5がでるようです。

 

ディアホライゾン★5ユニット一覧

  • サングリフォン
  • イズベルガ
  • ファランクス
  • アテイネ
  • シリウス
  • ヴィルヒルミネ
  • カチューシャ
  • グレイド
  • クロードー
  • システィーナ
  • ゼノ
  • ダンタリオン
  • リンリン

実際にディアホライゾンのリセマラしてみた

どんな感じなのか実際に引いてみました。

特別欲しいキャラはいませんので、とりあえず気が済むまでやることにしました!

まずは、リセマラ1回目。ユニットガチャ10連に挑戦

 

3キャラ目でチャラそうなお兄さん(ゼノ)ゲット!

5体目にいかにも騎士なおじいさん(グレイド)をゲット!

3体目は出ませんでしたが、リセマラ1回目にして★5が2体とそこそこ良い結果になりました。

2回目に突入するか迷いましたが、これで進めていくことにしましょう。チキンなので(笑)

その後、無料ガチャなども引き、全部で★5が2体、★4が6体となりました。

ディアホライゾン序盤の攻略

ガチャで引いたグレイドのリーダースキルが物理攻撃力アップだったので、PT全体的に物理寄りで進めていくことにしました

 

もう1体の★5であるゼノも入れたかったのですが、コストが足りなくなってしまうのでやむを得ず外し、代わりに★3のユニットを入れました。

序盤はランクが低いので★5は1体までしかPTに入れることができないと思います。

戦闘は基本的に自動で攻撃してくれますが、画面下にある5枚のカードでスキルを発動することができ、強力な範囲攻撃や回復などを使うことができます

スキルは1ユニットにつき2個覚えていて、スキルを発動するにはカード左上に表示されているSPが必要です。

またスキルはスワイプして範囲を指定することも可能です。

最後の敵をスキルで倒すことで、スキルフィニッシュが発動しSPが大きく回復します。難易度が上がっていくと必須テクニックになるかもしれません。

ディアホライゾンの難易度は?

最初のステージである、始まりの森までクリアしましたがステージボスのヴィクトルまではオートでサクサク進みました。

ヴィクトル戦は難易度が多少上がり、オートに任せていたらHPが半分ほど削られていたので自分で操作するはめに。

ボスということもあってそこそこ強かったですがクリアできました。

ディアホライゾンのレビューと評価

ステージ2の中盤までクリアしたのでひとまずレビューを書いていきます。

まず、驚かされたのが最高レアの★5の排出率の高さですね。昨今のソシャゲにしてはかなり珍しく、かなり高めに設定されています。

ディアホライゾンはどうやらソシャゲだけでなく、アニメ、漫画、小説、ラジオでの展開が決定されているらしいので、それを見越して中・長期的な運営も視野にれ入ているということかもしれませんね。

いずれにせよ、レアキャラが手に入りやすいということは良いことでしょう。

戦闘の難易度は雑魚はオートでもサクサク進めることができ、強敵は自分で操作する、というった感じでちょうど良い難しさだと思います。

 

コメント