PaniPani(ぱにぱに)-パラレルニクスパンドラナイト-評価/レビュー

スマホゲーム

白猫プロジェクトで有名なコロプラの新作ゲームPaniPani(ぱにぱに)-パラレルニクスパンドラナイト-」、通称パニパニのゲーム内容や感想を書いていきます。

スポンサーリンク

PaniPani(ぱにぱに)-パラレルニクスパンドラナイト-概要

PaniPani -パラレルニクスパンドラナイト-

PaniPani -パラレルニクスパンドラナイト-
開発元:COLOPL, Inc.
posted with アプリーチ

パニパニは最近のゲームには珍しく、横スクロールアクションRPGになっています。

他のプレイヤーと一緒に遊ぶこともでき、1人では勝てない強敵もパーティを組めば安心。

スタンプ機能もあるので、手軽にコミュニケーションが取れるのも嬉しい!

PaniPani(ぱにぱに)のストーリー

とある学校の生徒たちが乗っているスクールバスが光に包まれ、忽然と姿を消してしまう。

光が収まり、生徒たちが目にしたのは燃え上がる神殿だった。

13人の中高生の冒険が、動き始める・・・。

PaniPani(ぱにぱに)のレビュー

PaniPaniの操作方法

ゲームを始めるとチュートリアルで、基本的な操作方法を一通り教えてくれる。

攻撃は1回当てれば自動で攻撃し続けてくれるので、連続でタップする必要はない。

 

個性あふれるキャラクターたち

 

チュートリアルを終えれば、キャラクターを選ぶことが出来る。

「天条ソル」と「姫輝スピカ」のどちらかを選ぶことになるが、おすすめは回復スキルが使えるスピカ

序盤は1人しか使用できないが、ストーリーを進めていくと合計13人のキャラクターを操ることができるようになる模様。

課金ガチャがない!?

スマホゲームというと、課金ガチャがあることが多く、場合によっては課金ゲーになることもあるが、PaniPaniは課金によるガチャがない

そのため、無課金ユーザーにとってはかなり遊びやすい作品になっている。

ガチャの代わりはカプセル

PaniPaniにはカプセルというシステムがあり、これがガチャのようなものになっている。

敵を倒すとカプセルをドロップするが、そのままでは開けることができない。

敵を倒し、ポイントを貯めると開けることができ、中には素材やお金が入っている。

レベルが廃止されている

PaniPaniはいわゆるレベル制のゲームではない。

強くなる方法は2つあって、1つはクラフト。

敵やフィールドで採取することによって、素材を入手できる。

そして、その素材を使ってクラフトすることでより強い装備をゲットできる仕様になっています。

キャラ強化のシステムが面白い!

もう一つは、プレイヤーの行動に応じてスキルがレベルアップする、というシステムだ。

例えば空中で敵を攻撃すれば、「空中の基本」というスキルがレベルアップする。

こういったシステムはスマホゲームでは珍しい。

PaniPani(ぱにぱに)の不満点

意味のない他プレイヤー

PaniPaniでは画像のように、他のプレイヤーが表示される。

ただし、表示されるだけで何か意味があるわけでもなく、非表示にすることもできない。

スマホの負荷が増えるだけなので、表示する数を設定できるようになって欲しいですね。

長時間プレイを強いられるカプセル

上で書いた通り、カプセル開けるには敵を倒してポイントを貯める必要があります。

それだけなら良いのですが、カプセルは一定時間(2~5時間前後)で消滅してしまう。

なので、レアなカプセルをゲットしたら、やり続けるor消滅の2択を迫られてしまう。

ちょっと暇な時間にプレイする、というのは不向きかもしれませんね。

サーバーから落とされる

(9月28日現在)サーバーにかなり負荷がかかっているようで、サーバーから落とされることが頻発している。

しまいには、一時的にiOS版の公開を停止するなど、見通しの甘さが目立ちます。

徐々に改善していくとは思いますが、落とされるのはやる気が削がれますね。

PaniPani(ぱにぱに)のまとめ

カプセルは賛否が別れると思いますが、課金ガチャがないのでライトユーザーでもとっつきやすく、色々なキャラクターを操作できるのもGood!

オープンワールドではないですが、マリオとかメイプルストーリーのようなゲームが好きな方ならハマるでしょう。

PaniPani -パラレルニクスパンドラナイト-

PaniPani -パラレルニクスパンドラナイト-
開発元:COLOPL, Inc.
posted with アプリーチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホゲーム
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント