【Warframe】LudoplexとFrame Fighterの解説

Warframe

今回はVer.23.4で実装された「Ludoplex」と「Frame Fighter」について解説していきます。

Happy zephyrとWyrmiusは購入したら追記します。

追記

Revenantのフラグメントを取得できる惑星について追加しました。(18/8/28)

PS4とXBOXにおける「frame fighter」の操作方法を追記しました。(18/9/25)

スポンサーリンク

Ludoplexとは

Ludoplexはオービター内に設置することで、ミニゲームが遊べるようになるデバイスです。

 

Ludoplexは各リレーにいる「セファロン シマリス」から、50,000地位ポイントと交換することで入手できます。

関連記事

シンジケートの解説と地位ポイントの稼ぎ方

 

メニューエクストラランディングクラフト装飾 からLudoplexを設置しましょう

設置したらLudoplexから各種ミニゲームを選択できるようになります。

Happy zephyr

購入したら追記します。

Wyrmius

購入したら追記します。

Frame fighter

Frame fighterはLudoplexを購入時にデフォルトで付いているミニゲームで、名前から分かる通り格闘ゲーム風のミニゲームです。

プレイヤーはフレームを操作して他の人と戦います。

マッチングをオンラインに設定しておきましょう

Excalibur,Volt,Magの3体は最初から選択でき、他のフレームはフラグメントをスキャンすることで使用可能になります。

また、Primeフレームを所持していて、かつ非Primeフレームが使用可能なら、Primeの方をファイターとして選択できるようになります。

外装を付けている場合も反映されるようです。

Frame Fighterの操作方法

アクション PC PS4 XBOX
横移動 A,D
ジャンプ W
しゃがみ S
ガード J × A
掴み K B
弱攻撃 U X
中攻撃 I Y
強攻撃 O R1 Rボタン
アビリティ L R2 Rトリガー

Frame Fighterでも「バレットジャンプ」を使用することができ、しゃがんだ後すぐにジャンプキーを押すことでできます。

使用可能なフレームの増やし方

使用可能なフレームを増やすには、各惑星に落ちているFrame Fighterのフラグメントをスキャンする必要があります。

フラグメントは上の画像のような感じで落ちていて、それぞれ1回スキャンすればアンロックできます。

 

画像を見れば分かる通り、シンジケートメダリオン並みに小さく、目視で探すのは困難です。

フラグメントはミニマップに青いアイコンで表示されるので、そっちで見つけるのがおすすめですね。

フラグメントが落ちてる惑星

惑星 Warframe
水星 RHINO,IVARA
金星 BANSHEE,KHORA
地球 GARA,HYDROID,REVENANT
火星 INAROS,MIRAGE
木星 LIMBO,VALKYR
土星 EMBER,ZEPHYR,NEZHA
天王星 ASH,EQUINOX
海王星 LOKI,NYX
冥王星 CHROMA,TRINITY
ケレス FROST,OBERON
エリス ATLAS,MESA
エウロパ NOVA,VAUBAN
セドナ SARYN,TITANIA
フォボス NIDUS,WUKONG
ルア HARROW,EXCALIBUR UMBRA
遺跡船 NEKROS,OCTAVIA

 

他にもFrame Fighterのファイター選択画面で、フラグメントが配置されてる惑星を確認できます。

大抵は実際のフレーム設計図が落ちる惑星と一致してるので、ある程度Warframeを遊んでいる方ならあまり確認する必要はなさそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Warframe
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント