【Warframe】TRINITYの入手方法とビルド紹介

Warframeビルド

TRINITYの取得方法とビルドを紹介していきます。

更新履歴

エイドロン用のビルドを少しリライト。(18/10/25)

スポンサーリンク

TRINITY

ステータス

TRINITY TRINITY PRIME
ヘルス 300 300
シールド 300 450
エネルギー 225 225
装甲値 15 15
移動速度 1.00 1.10
初期極性
オーラ枠

TRINITYはサポートに優れた女性型フレーム。

使用するアビリティは、どれもヘルスとエネルギーの回復やダメージ軽減などの効果がついています。

反面、Trinity自身の耐久力は低いため、高レベルの敵を相手にするときは注意が必要。

TRINITYの入手方法

設計図 入手方法 ドロップ率 必要素材
Trinity本体 マーケット
  • 各パーツ完成品
  • オロキンセル(1)
ニューロティック 冥王星/Hades 38.72%
  • 合金板(150)
  • 神経センサー(1)
  • ポリマーバンドル(150)
  • ルビドー(500)
シャーシ
  • モーフィクス(1)
  • フェライト(1000)
  • ルビドー(300)
システム 22.56%
  • コントロールモジュール(1)
  • モーフィクス(1)
  • サルベージ(500)
  • プラスチド(220)

パーツ設計図は、冥王星/Hadesの「Ambulas」抹殺ミッションのクリア報酬で入手できます。

ただし、ミッションを開始するには「ANIMOビーコン」が40個必要になり、ミッションクリア時に20個獲得できます。

ANIMOビーコンの入手方法・稼ぎ方

ANIMOビーコンは、ヘルスを削りきったAmbulasをハッキングしたときに5個手に入ります。

そして、Ambulasは「アウトポスト」タイルの屋外エリアにのみ登場する、ドロップシップから確率で投下されます。

おすすめの稼ぎ場所は

  • Narcissus(掃滅)
  • Oceanum(潜入)
  • Outer Terminus(防衛)
  • Regna(救出)

いずれも冥王星のミッションです。自分の好みに合った場所を選んでください。

TRINITY PRIME

設計図 必要素材
TRINITY PRIME
  • 各パーツ完成品
  • オロキンセル(1)
ニューロティック
  • オキシウム(450)
  • 神経センサー(2)
  • ナノ胞子(9,000)
  • ルビドー(1,100)
シャーシ
  • アルゴンクリスタル(2)
  • オキシウム(500)
  • 回路基板(1,200)
システム
  • コントロールモジュール(3)
  • オロキンセル(1)
  • クライオティック(9,000)
  • 回路基板(1,350)

通常版と比べてシールドと移動速度が強化され、初期極性にが追加されました。

2018/6/5~期間限定で「Twitch Prime」にて、Trinity Primeと限定シャンダナが貰えるキャンペーンが行われています。

関連記事

WarframeとTwitchPrimeのアカウントを紐付けする方法

TRINITYのアビリティ解説

パッシブ:救命術

1番:Well of Life

  • 敵を空中に浮かせ拘束する
  • 拘束された敵のヘルスは全回復し、更にヘルスが10倍になる
  • 拘束した敵を攻撃したプレイヤーのヘルスを回復する
  • 回復量は「与えたダメージ*ヘルス吸収」で、上限あり

増強MOD:Pool of Life

2番:Energy Vampire

  • 対象をスタンさせ、スタンした敵は一定の間隔でパルスを発生する
  • パルスごとにスタンした敵へダメージと周囲の味方のエネルギーを回復する
  • ダメージはアビリティ発動時の敵の現ヘルス25%分で計算し、さらに4分割されてパルス発生時にダメージを与える
  • スタン中の敵を倒してもエネルギーを回復できる

スタンが有効な敵には問答無用で行動不能にできるので、単体への拘束手段としてはそれなりに優秀。

エネルギーの回復手段としてはZENURIK、アルケインエナジャイ、エネルギーギアなどがあるので使われることは少ないです。

増強MOD:Vampire of Leech

3番:Link

  • 自身が受けるダメージを軽減し、被ダメージの一部をLinkで結ばれた敵に与える
  • 自爆で受けたダメージは敵に与えられない

Linkの仕様が変更され、自爆鳥ができなくなってしまったので使うこともなくなりました。

増強MOD:Abating Link

4番:Blessing

  • 範囲内の味方のヘルスを回復し、一定時間ダメージ軽減のバフを付与する
  • コンパニオンや救出のスパイなどのヘルスも回復できる
  • 効果範囲は「経験値共有範囲(50m)」に依存する

TRINITYのビルド

EVトリニティ(2番特化)

  • 使用フォーマ2個
  • CP,Vitality,2番増強は別のMODでもおk
  • 範囲≧威力>効率>時間

EVはEnergy Vampireの略で、日本でも英語でもこの呼び方で使われます。

現在、通常のミッションでエネルギー回復手段として使われることは少ないですが、エリート交戦なんかではたまに募集しています。

被ダメが痛いならQuick thinkingとFlowあたりを入れても良いですね。

アビリティ時間を下げることで、パルスの発生間隔を大幅に短くすることができます。

このビルドではアビリティ威力も上げているので、約1秒で敵の現ヘルス52%を削ることができるのも特徴です。

エイドロン用ビルド(4番特化)

  • 必要フォーマ1個前後
  • 時間>威力≧効率>範囲

エイドロン用のビルド。テラリスト単体なら必須ではないですが、ガンツリスト以降は攻撃が激しくなるので、ルアーの回復役が必須。

同じ役割にOBERONもいますが、リクルートではTRINITYの方が人気のようです。

関連記事

ガンツリスト・ハイドロリストの攻略と解説

アビリティ解説

  • 1番:Well of Life

不要。

  • 2番:Energy Vampire

不要。

  • 3番:Link

ダメージ軽減は有効ですが、このビルドでは範囲を落とすので使いません。

  • 4番:Blessing

メインアビリティ。ルアーを回復しつつ分隊員にはダメージ軽減のバフを付与できます。

オペレーターでは残り時間を確認できないので、こまめにフレームに戻って確認しましょう。

MOD構成について

必須MOD

  • Vitality

脆いので必須。

  • Narrow Minded、Continuity

効果時間が短いとこまめにかけ直すことになるので伸ばしましょう。4番の効果範囲はアフィニティ共有範囲(50m)に依存するので範囲を下げても大丈夫です。

  • Intensify、Augur Secrets
  • Transient Furtitude(ランク9~)
  • Blind Rage(ランク5~)

威力は4番のダメージ軽減バフの上限は75%なので、アビリティ威力は150%以上確保してください。

 

推奨MOD

  • Streamline

消費エネルギーが重いので。

  • Flow

消費エネルギーが重いので。

  • Augur Message、Constitution

時間MOD。

  • Quick Thinking

耐久力が不安なら。

 

オーラ・エクシラスMOD

  • Corrosive Projection

特に理由がなければCP。

  • Handspring、Pain Threshold

ノックダウン対策ならHandspring。QTを入れているならPain Thresholdでも良いです。

その他のビルド記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器の解説とビルドの記事一覧

装備の育成が終わり次第、随時新しいビルド記事を追加していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Warframeビルド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント