【Warframe】CO(Condition Overload)の入手方法・掘り方について

稼ぎ(ファーム)

今回は近接MODの中でもぶっ壊れと言っても良いほど強い、CO(Condition Overload)の取り方を紹介していきます。

他のMODと比べると入手がなかなかシビアなので、できるだけ効率が良い方法でやりたいところですね。

今回は、一般的なCOの入手方法3つを紹介していきます。

更新履歴

ちょっとリライト(18/10/27)

スポンサーリンク

CO(Condition Overload)とは

Warframeで「CO」といえば、一般的にCondition Overloadという近接MODを指します。

効果は状態異常がかかっている敵に対し、与ダメが上昇するというもの。

最大ランクまで上げると、敵がかかっている状態異常1つにつき、最終ダメージが1.6倍される強力なMODです。

例えば、腐食と切断の状態異常にかかっている敵に対しては、1.6*1.6=2.56倍ということですね。

性質上、効果を発揮するのは2回目以降の攻撃になりやすいです。

なので、手数の多い武器で相手を状態異常まみれにしながら、倍率を高めて戦うことが多いです。

COのドロップ確率

まず、入手方法を説明する前に、COのドロップ確率を書いておきます。

COは地球と天王星のミッションに出現する、「ドレーカルブッチャー」からドロップします。

ドレーカルブッチャーは、3.0%の確率でMODをドロップし、さらにそこから0.67%の確率でCOが抽選されます

つまり、COはドレーカルブッチャーから0.0201%の確率でドロップする、ということですね!!

分数に直すと約1/5000になります。

CO入手法その1:天王星/Ophelia(耐久)

ドレーカルブッチャーからドロップを狙うなら、おすすめは天王星/Ophelia(耐久)ですね。

Assurも耐久ですが、敵が感染体なのでドレーカルブッチャーは出現しません。

天王星/Ophelia(耐久)のメリット

  1. ポリマーバンドルとテルルが稼げる
  2. B,CローテにNEOとAXIレリック
  3. ASHのパーツ設計図の入手にもおすすめ
  4. やり方次第で半放置できる

 

20分やって素材ドロップ(リソースブースター込み)はこんな感じです。ポリマーバンドルは結構消費するので美味しい。

ASHのパーツ設計図を落とす、「グリニア マニック」も15分経過したあたりから出てきます。

半放置については下で説明します。

天王星/Ophelia(耐久)のデメリット

  1. 運ゲー

5000分の1なのでドロップするかどうかは運です。

常人がソロでやった場合、おそらく数日~数週間かかるでしょう。

おすすめのフレーム

ミッションを開始したらひたすら敵を倒すだけなので、やること自体は単純ですね。

しかし、上で書いた通りCOのドロップ率が著しく低いのと、耐久なので酸素カプセルの問題があります。

適当なフレームでやってると効率が悪すぎるので、おすすめのフレームも紹介していきます。

HYDROID

4番増強の効果で、敵から最低1つのアイテムが確実にドロップします。

 

地上から始まるタイルであれば、ミッション開始地点すぐの通路に4番を置いておくだけで、敵を倒し続けることができます。

 

ただし、水中からミッションが始まるタイルは、敵が四方から来るので4番だけでは敵を倒しきれません。

この場合、HYDROIDではあまり効率が良くないのでミッションを再受注して、地上タイルの方を引くまで粘りましょう。

関連記事

HYDROIDの入手方法とビルド紹介

NEKROS

ネクロスも3番アビリティに54%の確率で死体からアイテムを再抽選する、という効果があります。

HYDROIDとは違い、NEKROSの3番アビリティはトグル式で、発動している間は自動で死体を消費してアイテムをドロップしてくれるのが特徴ですね。

なので、マップ全体を動き回りながら敵を倒したい!って方はNEKROSがおすすめ。

ただし、稼ぎの効率を上げたいなら切断ダメージの割合が高い武器を使いましょう。よくわからないのであればATTERAX辺りの武器が良いです。

関連記事

NEKROSの入手方法とビルド紹介

ATTERAXのビルド紹介

 

CO入手法その2:MOD変換で手に入れよう

2つ目に紹介するのは、MOD変換を使ってCOを引き当てる方法です。

公式曰く、変換の結果にはレアリティと極性が同じかどうかが影響するらしい。つまり、なるべくレアMODで極性はが良いということでしょう。

MOD変換のメリット

  1. 専用のフレームや武器が必要ない
  2. ボタンを押すだけなので楽

MOD変換のデメリット

  1. 運ゲーその2
  2. 1回毎にクレジットとMOD4枚を消費する

COが出る確率がわからないので、クレジットやMODが余っているなら変換に挑戦するのも良いかな、という感じでしょうか。

COの入手法その3:トレードで手に入れる

あまりプレイ時間が取れない方は、トレードを使っての入手も考えたほうが良いですね。

WarframeMarketで購入する場合、PCだと70プラチナ前後で購入できると思います。

関連記事

トレード方法とWarframe Marketの使い方

まとめ COは効果もヤバイけどドロップ確率もやばい

COはWarframe界でも屈指のぶっ壊れMODですが、ドロップ確率もぶっ壊れていますね。

現状はCOがないと倒せないような敵はいないので、あまり根を詰めすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
稼ぎ(ファーム)
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント