【Warframe】Hydroidの入手方法とビルドの紹介

Warframeビルド

HYDROIDの入手方法とビルドを紹介していきます。

スポンサーリンク

HYDROID

ステータス表

HYDROID HYDROID PRIME
ヘルス 300 300
シールド 375 525
エネルギー 188 225
装甲値 200 250
移動速度 1.05 1.05
初期極性
オーラ極性

Ver.13で実装された男性型フレームで、水棲生物がモチーフになっており、水やクラーケンの触手を使ったアビリティを持っている。

HYDROIDの入手方法

設計図 入手方法 ドロップ率 必要素材
本体設計図 マーケット
  • 各パーツ完成品
  • オロキンセル(1)
ニューロティック 地球/Oro 38.72%
  • 合金板(150)
  • ポリマーバンドル(150)
  • コントロールモジュール(1)
  • アルゴンクリスタル(2)
シャーシ
  • ナノ胞子(1200)
  • ポリマーバンドル(1000)
  • ルビドー(300)
  • アルゴンクリスタル(2)
システム 22.56%
  • ポリマーバンドル(500)
  • 合金版(220)
  • オロキンセル(1)
  • ガリウム(4)

 

パーツ設計図は、地球/Oro(抹殺)の「Vey Hek」を倒すことで入手できる。

HEKは地球のボスですが、Oroに入場するためにはマスタリーランク5が必要なため、HYDROIDを入手できるのは、惑星開拓の後半以降になるでしょう。

HYDROID Prime

設計図 必要素材
本体設計図
  • 各パーツ完成品
  • オロキンセル(5)
ニューロティック
  • ナノ胞子(12750)
  • プラスチド(1100)
  • 合金板(8750)
  • 神経センサー(5)
シャーシ
  • サルベージ(10500)
  • フェライト(6750)
  • アルゴンクリスタル(2)
  • ガリウム(5)
システム
  • 回路基盤(1300)
  • クライオティック(925)
  • コントロールモジュール(10)
  • ニタン抽出物(2)

HYDROIDのPrime版。海賊を思わせるような見た目に。

ステータス面では初期極性にが追加され、フォーマを使わなくてもある程度ビルドが組めるようになりました。

HYDRODIのアビリティ解説

パッシブ:深淵の叫び声

  • スラムアタック時に、50%の確率で触手を1本召喚する
  • 召喚された触手は15秒間持続する

1番:Tempest Barrage

  • 指定した地点に効果時間中、衝撃ダメージの水弾をランダムで降らせる
  • 爆発は障害物によって遮られ、距離減衰し当たった敵は転倒する
  • チャージ可能。最大チャージで威力、時間、エネルギーが2倍になる
  • チャージはXキーでキャンセルできる
  • 3番で沈めている敵にも当たる

増強MOD: Corroding Barrage

2番:Tidal Surge

  • 水になって前方に突進する
  • 前方の波は衝撃、後方の波は切断ダメージを与える
  • 3番発動中も使用できるが、移動距離は半分で、沈んでいる敵は運べない

増強MOD:Tidal Impunity

3番:Undertow

  • 発動中は無敵で、範囲内の敵に衝撃ダメージ
  • 範囲内の敵の数に比例して与ダメも上昇
  • 敵をクリックして触手で引きずり込める(5エネルギー消費)

増強MOD:Curative Undertow

4番:Tentacle Swarm

  • 指定した場所に触手を召喚する
  • 触手は敵を絡め取り、装甲値とシールド無視するFinishingダメージを与える
  • チャージ可能。最大チャージでエネルギーと触手の数が2倍、範囲は3倍となる

増強MOD:Pilfering Swarm

HYDROIDのビルド

素材稼ぎビルド(4番特化)

  • 必要フォーマ1個前後
  • 威力≧時間>効率>範囲

4番増強を入れた素材稼ぎ用のビルド。

NEKROSでも素材を稼ぐことができますが、HYDROIDの4番は設置型の攻撃アビリティなので、少し運用が異なる点に注意しましょう。

個人的には、

  • 敵の通り道が通路1本だけで楽して稼ぎたい→HYDROID
  • マップ中を動き回りながら稼ぐor欲しい素材がラグドール化できない敵からドロップ→NEKROS

という風に使い分けてます。

使用するアビリティについて

  • 1番:Tempest Barrage

不要。

  • 2番:Tidal Surge

不要。

  • 3番:Undertow

不要。

  • 4番:Tentacle Swarm

メインアビリティ。4番増強を入れることで、絡め取った敵を武器で倒すか4番で倒すと確実に追加アイテムがドロップします。

Finishingダメージなのでグリニアと相性が良いですが、ナリファイとエンシェントヒーラーなんかは苦手です。

MOD構成について

必須MOD

  • Pilfering Swarm(4番増強)

素材稼ぎなら必須。

  • Blind Rage

殲滅力に関わってくるので、できるだけ威力は伸ばしたい。チャージすると消費エネルギーが2倍になりますが、もともと軽いのでそこまで気になりません。

  • Continuity

掛け直しが面倒なので時間は伸ばしましょう。

 

推奨MOD

  • Transient Fortitude、Intensify、Augur Secrets

どこまで威力を伸ばすのかは、どのミッションに持っていくのか、エンドレス系ミッションならどこまでやるのか、によって違います。自分で試しながら調整してください。

  • Narrow Minded、Augur Message、Constitution

時間MOD。Narrow Mindedを入れると範囲が下がりますが、個人的には通路1本だけ塞ぐことができれば十分だと思っています。

それ以上の広さを求めるのであればNEKROSを持っていきましょう。

  • Streamline or Flow

4番をチャージして使用するならどちらか入れておきましょう。

 

オーラ・エクシラスMOD

  • Corrosive Projection、Enemy Radar、Energy Siphon

極性のオーラなら好みで選んで大丈夫です。

  • Power Drift

好みで。アダプターがもったいないので私はそもそもアンロックしてません。

その他のビルド記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器の解説とビルドの記事一覧

装備の育成が終わり次第、随時新しいビルド記事を追加していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Warframeビルド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント