【Warframe】EMBERの入手方法とビルド紹介

Warframeビルド

EMBERの取得方法とビルドを紹介していきます。

スポンサーリンク

EMBER

ステータス

EMBER EMBER PRIME
ヘルス 300 300
シールド 300 375
エネルギー 225 225
装甲値 100 125
移動速度 1.10 1.10
初期極性
オーラ極性

EMBERは炎を操る女性型Warframe。炎のイメージ通り、アビリティは全体的に攻撃寄りになっています。

EMBERの入手方法

設計図 入手方法 確率 必要素材
EMBER本体 マーケット
  • 各パーツ完成品
  • オロキンセル(1)
ニューロティック 土星/Tethys 38.72%
  • 合金板(150)
  • 神経センサー(1)
  • ポリマーバンドル(150)
  • ルビドー(500)
シャーシ
  • モーフィクス(1)
  • フェライト(1,000)
  • ルビドー(300)
システム 22.56%
  • コントロールモジュール(1)
  • モーフィクス(1)
  • サルベージ(500)
  • プラスチド(220)

EMBER本体の設計図はマーケットから購入でき、各パーツ設計図は土星/Tethysの「GENERAL SARGAS RUK」抹殺ミッションのクリア報酬で手に入ります。

EMBER PRIME

設計図 必要素材
EMBER PRIME
  • 各パーツ完成品
  • オロキンセル(1)
ニューロティック
  • 合金板(150)
  • 神経センサー(2)
  • ポリマーバンドル(1,000)
  • ルビドー(750)
シャーシ
  • モーフィクス(3)
  • フェライト(1,000)
  • ルビドー(300)
システム
  • モーフィクス(1)
  • フェライト(1,000)
  • ナノ胞子(1,200)
  • プラスチド(700)

EMBERのアビリティ解説

パッシブ:ヒートアップ

  • 自分が火炎の状態異常にかかっている間、エネルギーが毎秒10回復し、アビリティ威力は35%上昇する

1番:Fireball

  • 火の玉を放ち、物体に当たると爆発して5m程度の火炎ダメージを発生させる
  • 直撃させると確定、爆風なら50%の確率で敵を火炎の状態異常にする
  • 着弾した地点には10秒間残り火が発生し、直撃ダメージの20%分の火炎ダメージを与え続ける

増強MOD:Fireball Frenzy

2番:Accelerant

  • 発動時、範囲内にいる敵を約3秒間スタンさせ、被火炎ダメージ増加のデバフを与える
  • アビリティを再度使用することで効果時間を上書きできる

増強MOD:Flash Accelerant

3番:Fire Blast

  • 確定で火炎の状態異常を与えるプラズマ波で攻撃し、同時に炎の円陣を設置する
  • 円陣の内側には当たり判定がない
  • 円陣を通過した弾丸は基礎ダメ50%分の火炎ダメージが追加される

増強MOD:Fire Fright

4番:World On Fire

  • トグル式アビリティ
  • EMBERを中心に炎上フィールドを展開し、範囲内の敵に火炎ダメージを与える
  • このアビリティ発動時には5本の火柱が発生し、その後は秒間3本の間隔で発生して敵を自動で探して攻撃する
  • 発動から5秒が経過すると、画面右下のアビリティアイコンに表示された数値が10秒掛けて100%まで上昇する
  • 数値によって、秒間消費エネルギーとダメージが最大2倍まで増加し、範囲は2分の1まで縮小する

増強MOD:Firequake

EMBERのビルド紹介

低レベル掃滅ビルド(2,4番)

  • 必要フォーマ2個前後
  • 範囲>効率≧威力>時間

低レベルの掃滅ミッション用のビルドです。ビルドや敵の勢力によって多少変わりますが、レベル30~35程度の敵までならアビリティだけでストレスなく倒せます。

使用するアビリティについて

  • 1番:Fireball

不要。

  • 2番:Accelerant

簡易的なCCと硬い敵へのデバフとして使用します。注意点として、敵へのデバフなのでアビリティ発動時に範囲内にいる敵にのみ効果があります。

  • 3番:Fire Blast

不要。

  • 4番:World On Fire

メインアビリティ。時間経過で消費エネルギー、与ダメージ、範囲が変化するため、発動から5秒で解除を繰り返すか垂れ流しにするかの2つの使い方があり、それによってMOD構成も多少変わります。

私はめんどくさがりなので範囲を最大まで上げてほぼ垂れ流しでやってますが、好みに依る部分が大きいですね。

MOD構成について

必須MOD

  • Fleeting Expertise、Streamline

トグル式アビティなので、効率はアビリティを発動できる長さに直結します。

  • Stretch

デフォルトの15mでは近接と大差ないので最低でもStretchは入れましょう。

 

推奨MOD

  • Transient Fortitude & Continuity

威力MODは対応できるレベルに関わるので当然入れるのですが、BRは効率低下が痛いので、まずはTFを入れるのが妥当です。

また、4番の秒間消費エネルギーは効率175%、時間40%で最低の0.75/秒になるため、TFとContinuityを一緒に入れるのがおすすめ。このビルドでは時間は40%あれば十分ですので、Continuityは非Primedで大丈夫です。

  • Overextended、Augur Reach

範囲MOD。

  • Intensify、Augur Secrets、Blind Rage

威力MOD。BRを入れるならアルケインエナジャイを用意しましょう。

  • Energy Conversion

トグル式アビリティの場合は、エネルギーオーブを拾ってからアビリティを発動すると、解除するまでの間ずっとバフが乗り続けます。

  • Vitalityなどの耐久MOD

必要に応じて。

 

オーラ・エクシラスMOD

  • Corrosive Projection

安定のCP。

  • Power Drift、Cunning Drift、Mobilize

好みで。

その他のビルド記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器の解説とビルドの記事一覧

装備の育成が終わり次第、随時新しいビルド記事を追加していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Warframeビルド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント