【Warframe】Baro Ki’Teer(バロ吉)とデュカット稼ぎについて

初心者向けガイド

ゲームを始めたばかりの方は会ったことないかもしれませんが、Warframeにも商人が存在しています。

その商人は「Baro Ki’Teer」という名前で、日本ではバロ吉と呼ばれ親しまれて?います。

バロ吉が持ってくるアイテムはどれも特別なアイテムで、いつでも購入できるわけではありません。

欲しいアイテムを逃さないためにも、バロ吉について理解を深めておきましょう。

また、バロ吉を語るときには欠かせない「デュカット」についても、一緒に解説していきますよ。

スポンサーリンク

Baro Ki’Teer(バロ吉)とは

Baro Ki’Teer(以下バロ吉)とは、2週間に一度テンノリレーに現れる商人のことです。

バロ吉から購入するしか入手方法がないアイテムも多数存在し、持ってくるアイテムは毎回ランダムになっています。

 

バロ吉は日本時間の金曜22時~日曜22時までの3日間滞在します。

バロ吉がテンノリレーに到着する24時間前から、星系マップにはアイコンが表示されます。

また、到着時するとバロ吉からメールが送られてくる他、星系マップからも確認できます。

テンノリレーの場所はプラットフォームによって異なり、入場にはマスタリーランク(MR)制限が設けられている場所もあります。

  • PC:水星、土星(MR4)、冥王星(MR8)
  • PS4:地球、土星(MR4)、エリス(MR8)
  • XBOX:金星、エウロパ(MR5)、冥王星(MR8)

バロ吉が持ってくるアイテム

バロ吉が持ってくるアイテムは大きく分けて3種類あります。

Primed MOD

Primed MODは通常MODの強化版、と考えてもらって大丈夫です。

白い枠のMODでレアリティは全てレジェンダリーとなっています。

一部のPrimed MOD以外は、バロ吉からしか入手方法はありません。

Primed MODと同名の非Primed MODを同時に装着することはできません。

 

必須ではありませんが、基礎ダメ、範囲、クリティカル関係などよく使う効果のPrimed MODは手に入れておきたいところです。

ちなみに、ランクを最大にするためには、40,000ENDOと2,000,000クレジットが必要になります。

トレードする際も、受け取る側は1,000,000クレジット用意しなければいけません。

 

また、Primed MODではありませんが、電気の60属性MODはバロ吉から手に入ります。

ショットガンとピストルの60属性を持ってきたら買いましょう。

60属性とは、最大ランク時に効果が「属性60%・状態異常率60%」になるMODのことを指します。

 

特殊武器

全てのPRISMA系、一部のWRAITH/VANDAL系の特殊武器を持ってきてくれます。

バロ吉が持ってくる特殊武器は、特別強い武器ではありません。

しかし、次にいつ手に入るかわからないこと、マスタリーランク経験値になることを考えると、なるべく購入しておきたいですね。

外装・その他のアイテム

バロ吉が持ってくるアイテムは他にも

  • 外装・CAPTUREシーン
  • INAROSクエストの設計図
  • VOLT Prime,ODONATA Prime,AKLEX Primeのレリック
  • 3日間ブースター

などがあります。

INAROSの入手クエスト「イナロスの砂嵐」を受注するための設計図は、バロ吉から購入できます。服を買いに行くための服、みたいな・・・

VOLT P、ODONATA P、AKALEX Pは、バロ吉が持ってくるレリックにしか報酬に入っていません。

3日間ブースターも時々持ってきますが、プラチナのほうがお得です。

外装とCAPTUREシーンは趣味の領域なので割愛。

購入するにはデュカットが必要

バロ吉が持ってくるアイテムを購入するためには、クレジットと「デュカット」と呼ばれる特殊な通貨が必要になります。

 

デュカットは、テンノリレーの中央付近にある「デュカット キヨスク」から、Primeパーツを売って手に入れることができます。

手に入るデュカットは、Primeパーツのレアリティによって変動します。

コモン=15デュカット、アンコモン=45デュカット、レア=100デュカット

PrimeパーツはVoid亀裂ミッションで手に入れることができます。

詳しくは「Void亀裂ミッションを攻略してPrime装備をゲットしよう」を読んでください。

【Warframe】Void亀裂ミッションを攻略してPrime装備をゲットしよう
今回は、Prime装備の作成には欠かせない、Void亀裂ミッションについて紹介していきます。 基本的な説明からちょっとしたコツやおすすめのミッションまで、初心者でもわかりやすいように丁寧に解説していきます。

毎年7月には特別なバロ吉がやってくる

毎年7月に開催される「Tennocon」と同時に、特別なバロ吉がリレーにやってきます。

このバロ吉は、それまでに販売した全てのアイテムを一度に持ってきます。

欲しいアイテムが確実に手に入りますが、入場にはデジタルパックを購入する必要があります。

デジタルパックは、Tennocon開催の数ヶ月前からWarframe公式で告知されます。

デュカットの稼ぎ方

上で書いたとおり、バロ吉のアイテムを買うにはデュカットが必要になります。

1個あたり300~500デュカットぐらい要求してくるので、効率よく稼ぎたいところですよね。

ここでは、おすすめのデュカット稼ぎを2つ紹介していきますよ。

亀裂ミッションを高速で周回する

デュカットを手に入れるためには、Primeパーツが必要になります。

つまり、亀裂ミッションをいっぱいやる=デュカットがっぽり!というわけです。

なので、1週2分ぐらいで終わる掃滅/確保をたくさん回すのがおすすめです。

当然ですが、大量のレリックが必要になります。

レリック稼ぎについては、「レリックの稼ぎ方と高速周回におすすめのフレーム」を参考にしてください。

【Warframe】レリックの稼ぎ方と高速周回におすすめのフレーム
プライムパーツやデュカットを獲得するのに欠かせないのがレリック。 今回は、各レリックの効率的な稼ぎ場とそれに適したフレームを紹介していきます。 Ver.23.9時点でのドロップ率を参考に書いています。頻繁に変更されるわけではありませ...

 

また、デュカットの入手量は、Primeパーツのレアリティに依存するので、ソロよりも4人分隊のほうが期待値が高くなります。

無傷レリック1週あたりの期待値:ソロ23.3デュカット、4人39.3デュカット

デュカットに変換するのは、基本的にコモンのPrimeパーツですが、場合によってはアンコモン、レアを使うこともあります。

15デュカット≒2プラチナを目安に考えてください。

ジャンクPrimeパーツを購入する

プラチナを持っているなら、いらないPrimeパーツを他人から購入するのも良いです。

英語クライアントに行きトレードタブで、「WTB junk prime parts 5:10p」(いらないPrimeパーツ5個を10プラチナで買います)とチャットしましょう。

トレードに使われるPrimeパーツはコモンなので、10プラチナで75デュカットを購入することになります。

トレードのやり方は、「トレード方法とWarframeMarketの使い方」で詳しく説明しています。

【Warframe】トレード方法とWarframe Marketの使い方
Warframeでは他人と取引して、様々なアイテムを売買することができます。 特に、課金通貨である「プラチナ」も取引できるのはWarframeの良いところの一つです。 しかし、ゲーム内には取引所のような自動で売買してくれるシステ...

MarketはジャンクPrimeの購入には使えません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
初心者向けガイド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント