【Warframe】AKSTILETTO PRIMEのビルド紹介

武器ビルド

セカンダリ武器「AKSTILETTO PRIME」の解説とビルドを紹介していきます。

スポンサーリンク

AKSTILETTO PRIME

AKSTILETTO PRIMEの特徴

必要MR10

AKSTILETTO PRIMEはセカンダリのフルオート武器です。

火力がめちゃ高いとか、なにか飛び抜けたものがあるわけではありませんが、扱いやすさとどこにでも持っていける汎用性の高さが魅力の武器です。

なので、普段持っていくセカンダリとしておすすめ。

 

欠点を挙げるとすれば、衝撃の割合が高いことと、Riven性質が1であるということぐらいでしょう。

他はだいたい優秀。特に、状態異常率は結構高め。

トレードで入手する際の注意点

普段は、PRIME装備の入手方法について書くことはありませんが、AKSTILETTO PRIMEは少し事情があるので書いておきます。

Ver.23.9現在、AKSTILETTO PRIMEはVault入りしており、未所持の方が手に入れる場合はトレードしか方法がありません。

そして、AKSTILETTO PRIME「セット」をトレードする方に注意してほしいのは、この武器のパーツは設計図も含めて6つある、ということです。

現在、Warframeでは一度にトレードできるアイテムは5つまでなので、2回に分けてトレードしないと詐欺にあう可能性があるので注意しましょう。

まず最初に、どれか1つのパーツを相場と同じプラチナでトレードしてから、残りのパーツをトレードしてもらうようにしましょう。(もちろん逆でも良いです)

各パーツの相場はWarframe Marketで確認できます。

関連記事

トレード方法とWarframe Marketの使い方

AKSTILETTO PRIMEのビルド紹介

腐食ビルド

  • 必要フォーマ3個

ビルドはだいたいこんな感じになると思います。MODをいじるとすれば、敵の勢力によって属性を変えるくらいで大丈夫。

衝撃ダメージの割合が高いのでAugur Pact(基礎ダメ)より、属性MODを入れたほうが良いですね。

このビルドでは、毒(電気でも可)を入れることで腐食が発生する確率を高めてます。

その他のビルド記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器の解説とビルドの記事一覧

装備の育成が終わり次第、随時新しいビルド記事を追加していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
武器ビルド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント