【Warframe】LANKAのビルド紹介

武器ビルド

プライマリ武器「LANKA」の解説とビルドを紹介していきます。

調整が入ったときや新しいビルドができたら追記・修正していきます。

スポンサーリンク

LANKA

LANKAの特徴

LANKAは、基礎ダメージが電気のみで弾速有りが特徴のスナイパーライフル。

チャージすることで威力が上昇し、最大までためると基礎ダメが525.0まで上がります。

また、LANKAに限らずスナイパーライフルにはエイム時のボーナスと、射撃コンボカウンターが存在しています。

 

スナイパーライフルは、エイムしながら射撃をすることでボーナスを獲得でき、さらにズーム倍率を上げることでボーナスも上昇します。

エイム中にセカンダリ射撃ボタンでズーム倍率を変更できます。

LANKAの場合、最大までズームするとクリティカル確率+50%のバフがかかり、このバフはMODの後に計算されます。

 

射撃コンボカウンターは近接のそれとほぼ同じで、連続で攻撃を当てることでコンボが貯まり、一定まで貯めるごとにダメージに倍率がかかります。

このコンボはマルチショットの分も計算され、攻撃を外すか一定時間経過すると1ずつ減少していきます。

LANKAの場合は、最小コンボ数は2ヒットで、コンボ継続時間は6秒です。

LANKAの入手方法

入手方法 必要MR 必要素材
LANKA クランDOJO 10
  • フィールドロン(5)
  • ガリウム(20)
  • 合板金(600)
  • フォーマ(1)

LANKAの設計図は、クランDOJOのエネルギーラボで入手できます。

要求マスタリーランクが少し高めなのが欠点でしょうか。

関連記事

クランに入るべき3つのメリットとソロクランについて

LANKAのビルド紹介

エイドロン用放射線ビルド

  • 使用フォーマ5個

エイドロン戦に持っていくためのビルド。

エイドロン戦では、スナイパーライフルを持っていくことが望ましいですが、中でもLANKAの火力は頭一つ抜けていると言えます。

どれくらいLANKAが強いかというと、Riven MOD有りの他スナイパー武器とRiven MODなしで張り合えるくらいの強さです。

もしLANKAが使いにくようであればRUBICO PRIMEあたりでも良いでしょう。

エイドロン用放射線ビルド(CHROMA用)

  • 使用フォーマ6個

こちらはCHROMA用のビルドになります。

Chromaの3番Vex Armorのバフは少し特殊で、持っている武器の基礎ダメージが上昇するというもの。

なので、武器には基礎ダメージMODより、属性ダメージMODを入れたほうが火力が伸びます

LANKAのRiven MODについて

おすすめのポジティブ(プラス)ステータス

  • クリティカル倍率
  • クリティカル確率
  • マルチショット
  • 電気ダメージ
  • 火炎ダメージ

基礎ダメージがダメということはないですが、エイドロン戦では基本的にChromaが火力役を担うので、あまり重要ではありません。

おすすめのネガティブ(マイナス)ステータス

  • ズーム倍率
  • 勢力ダメージ
  • 状態異常確率
  • 状態異常の持続時間

ネガティブステータスが付いていると、ポジティブステータスの効果が強化されます。

LANKAのRiven MODでは、上記のネガティブステータスが付いても大丈夫です。

避けるべきネガティブ(マイナス)ステータス

  • クリティカル倍率
  • クリティカル確率
  • マルチショット
  • 電気ダメージ
  • 火炎ダメージ
  • 基礎ダメージ
  • 弾速
  • 発射速度
  • マガジンサイズ

その他のビルド記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器の解説とビルドの記事一覧

まだ載っていないものは、私がまだ入手していないか記事を作成しているところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
武器ビルド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント