【Warframe】KHORAの入手方法とビルド紹介

Warframeビルド

KHORAの取得方法とビルドを紹介していきます。

スポンサーリンク

KHORA

KHORA
ヘルス 375
シールド 300
エネルギー 187.5
装甲値 275
移動速度 1.05
初期極性 (エクシラス)
オーラ極性

KHORAは鞭や鎖?を使用するアビリティを持っている女性型フレーム。

また、通常のコンパニオンとは別枠でのキャバット「Venari」を召喚して戦うことができるのもKHORAの特徴です。

KHORAの入手方法

設計図 入手方法 確率(ローテ) 必要素材
KHORA本体 サンクチュアリ交戦 5.64%(C)
  • 各パーツ完成品
  • オロキンセル(3)
ニューロティック 9.09%(B)
  • キャバット遺伝子コード (2)
  • KUAKA 脊椎爪 (35)
  • ポリマーバンドル (1,500)
  • サルベージ(16,000)
シャーシ 8.33%(A)
  • キャバット遺伝子コード(5)
  • IRADITE(65)
  • 合金板(12,250)
  • ルビドー(4,300)
システム 5.64%(C)
  • キャバット遺伝子コード(2)
  • プラスチド (1,000)
  • 回路基板 (2,600)
  • フェライト (11,500)

KHORAの設計図は、全てサンクチュアリ交戦(ノーマル)で入手できます。

ローテCの報酬を受け取るまで約20分かかるのと、確率がめちゃ低いので人によってはかなりの周回を強いられますね。

個人的にはフレームの育成をしながら気長に集めるのがおすすめです。もしくはプラチナで買っても良いでしょう。

ノーマルの方であればATTERAXをぶんぶんするだけで8ウェーブまでいけます。ただし、フレームによっては、ガーディアンとエレベートがないと厳しいので注意。

関連記事

サンクチュアリ交戦の解説とソロ攻略について

おすすめの経験値(アフィニティ)の稼ぎ方(武器・フレーム編)

KHORAのアビリティ解説

パッシブ

Venariが生存している間、KHORAの移動速度を+15%上昇させる。アビリティ威力によってボーナスも変化します。

1番:Whipclaw

  • 鞭を振り下ろし、当たった地点を中心に範囲ダメージを与える
  • ダメージ配分は衝撃、貫通、切断の均等配分で、クリ率20%、クリ倍率2.0、状態異常率20%
  • コンボカウンターと一部近接MODの影響を受ける
  • 2番Ensnareで拘束している敵には与ダメージが2倍になる

影響する近接MODの効果

  • 基礎ダメージ
  • 物理ダメージ
  • 属性ダメージ
  • クリティカル確率、クリティカル倍率
  • 状態異常確率
  • コンボ持続時間
  • Steel Charge、Growing Power
  • Covert Lethality(追加ダメージ+100のみ)

その他

  • LESIONのBuff(Whipclawで発動はしないがBuffの効果は乗る。)
  • GAZAL MACHETEとDjinnの組み合わせによる腐食Buff
  • MIREの追加ダメージ

参照:Wiki

増強MOD:Accumulating Whipclaw

2番:Ensnare

  • ターゲットした敵を生体鋼で包み行動不能にする
  • 発動から0.5秒毎に、ターゲットから範囲内の敵へ生体鋼が伝播し拘束する(伝播は2回だけ)
  • ターゲットに1番を当てることで伝播回数をリセットできる

3番:Venari

  • アビリティボタン短押しでエネルギーを25消費して、ターゲットをマークできる(1体まで)
  • Venariはマークされた対象に対し、優先的に行動する
  • アビリティボタン長押しで形態を変更でき、攻撃、防御、回復の3つ存在する
  • Venariは死亡後、45秒経過すると自動で復活する、またはアビリティボタンを押して最大50エネルギーを消費することでも復活する

攻撃形態

  • 単体の敵に対し切断ダメージの攻撃を5回行い、さらにヒットする毎に切断の状態異常を与える
  • KHORAのランクが5になるまで攻撃形態で固定される

 

防御形態

  • ノックダウンと武装解除させる

 

回復形態

  • この形態は味方やKHORA自身をターゲットに指定できる
  • ターゲットがいない場合は、Venariを含めた誰かのヘルスが90%以下になると回復を行い、90%を超えるとやめる
  • ターゲットがいる場合、ターゲットのヘルス残量にかかわらず、回復行動を行い続ける
  • 回復行動中は、Venariを中心に8m以内にいる味方全てを回復する
  • スパイ、防衛対象、採掘機なども回復の対象となる

4番:Strangledome

  • KHORAを中心にドーム状の罠を設置し、捕らえた敵に秒間ダメージを与える(衝撃、貫通、切断の均等配分)
  • 捕まった敵は武器やアビリティ(1番Whipclawを除く)から受けるダメージが2倍(4番の与ダメは表記の2倍になる)
  • 範囲外にいる敵は、捕まった敵を優先的に攻撃するようになる
  • 捕まえた敵に1番Whipclawでダメージを与えると、他の捕まっている敵に半分のダメージを与える
  • 同時に2つまで設置でき、3つ以上は古いものから消えていく
  • 交点の数(最大26)だけ敵を捕まえることができる
  • ナリファイのバブルに触れると、触れた交点のみ消える

KHORAのビルド紹介

サンクチュアリ交戦用ビルド(1,4番)

  • 必要フォーマ3個前後
  • 範囲>時間≧効率>威力

サンクチュアリ交戦用に組んだビルド。ソロでも安定してESO8ウェーブまでクリアできます。少しMODをいじれば防衛などにも持っていけそう。

正直、実際にKHORAを使用するまであまり強いイメージがなかったのですが、予想を遥かに超えてました。

広めのタイルは少し苦手ですが、ESOによくおすすめされているフレームと遜色ない強さですね。

関連記事

サンクチュアリ交戦の解説とソロ攻略について

使用するアビリティについて

  • 1番:Whipclaw(増強入り)

メインアビリティ。1番増強を入れることで、なんだかよくわからないダメージを叩き出せる。

このビルドでは4番と組み合わせて使うことで広範囲攻撃に早変わりします。

  • 2番:Ensnare

CCが欲しいけど4番は出したくない、または1番増強のスタックを貯めたい、というときに使うことが多いです。

1番の与ダメージが2倍になる効果もありますが、ESO程度であれば2番が無くても過剰火力になりがちなので、それ目的で使うことはほとんどありません。

  • 3番:Venari(攻撃形態)

基本的にVenariは攻撃か回復形態の2択になると思いますが、このビルドでは威力を下げているので攻撃形態が良いです。

何故かと言うと、威力40%まで落とすと回復量が20ヘルス/秒まで下がってしまうので、高レベルのミッションではあまり有効ではないからです。

このビルドでヘルスを回復したいのであれば、Venariに「Hunter Recovery」をつけるのが個人的にはおすすめ。

このMODはペットの与ダメに応じてフレームのヘルスが回復するのですが、Venariの切断状態異常にも効果があります。

さすがにエレベートほどの安定・即効性はありませんが、切断のDOTダメージは装甲値も無視するので、高レベルの敵でもそこそこ回復してくれます。

挙動がアレなのがネック。

  • 4番:Strangledome

メインアビリティその2。敵を引き寄せてくれるので、見た目以上の効果範囲を持っています。高レベル相手にはCCも嬉しい。

MOD構成について

必須MOD

  • Vitality

例えノーマル交戦でも後半は高レベルの敵が出てくるので必須。

  • Accumulating Whipclaw(1番増強)

これがないと火力と範囲の両立は難しい。

  • Overextended、Stretch

4番は2個設置できるとはいえ、元々の範囲はそこまで広くありません。殲滅力に関わってくるので、できるだけ伸ばしたい。

  • Continuity

ギアが使えずウェーブ毎にエネルギーがリセットされるサンクチュアリ交戦では、時間もそこそこ重要。

特に、ESOだとアビリティの使用制限があるので、それに引っかからない程度には伸ばすのがおすすめ。

 

推奨MOD

  • Augur Reach

特に理由がなければ入れましょう。

  • Fleeting Expertise or Streamline

1番を連発するのでどちらかは欲しい。

  • Hunter Adrenaline or Rage

「エネルギーリーチ」エクシマス対策に。消費エネルギー的にはFEだけあれば十分なのですが、こいつが出てきたときは別です。

一度安定してしまえば恐れるに足りないのですが、ワープ後すぐに出てこられるとめちゃキツイ。

Energizing Dashによる回復を無効化した上で、さらに毎秒5エネルギー減っていくため、初手の4→1で倒せないとエネルギーが枯渇する可能性が出てきます。

そうなった場合、普通のフレームなら近接で薙ぎ払っていけば良いのですが、このビルドは1番に合わせた近接武器とMOD構成で行くため、それができません。

つまり、エネルギーがない=殲滅力が著しく低下する、ということです。それを防ぐためにどちらかを入れておくと安定します。

 

オーラ・エクシラスMOD

  • Corrosive Projection

特に理由がなければCPで。

Steel Chargeについてですが、コスト9はたしかに魅力的なのですが、汎用性を考えるとが良いです。

ちなみに、Steel Charge系のオーラMODは基礎ダメMODに加算されるため、火力はそこまで上がりません。

それどころか、高い装甲値を持つ相手にはCPに劣る可能性があるので注意しましょう。

 

レベル100ヘビーガンナー相手にアビリティ威力40%でオーラだけ変えたもの。

  • Cunning Drift

範囲MOD。

おすすめの近接武器とMOD構成

1番Whipclawには一部の近接MODの効果が乗るため、武器選びやMOD構成が重要になってきます。

まず結論から言うと、武器は「JAW SWORD」か「MIRE」がおすすめ。どちらも増強MODに基礎(毒)ダメ+100%が存在し、Riven性質5であることが理由です。

基本的にはRiven MODを持っている方で良いですね。

私はどちらのRivenも持っていなかったので、今回はRiven無しのJAW SWORDビルドを紹介していきます。

ESO程度なら十分すぎるぐらいの火力を出せるので、その点は大丈夫です。

 

  • 必要フォーマ1~2個前後
  • Drifting Contactは別のコンボ時間MODでも可

MIREでも増強MODが変わる程度で基本的な構成は一緒のはず。状態異常を出さなくても火力は出るので、90属性を入れて腐食にしましょう。MIREならガスでも面白いかも。

Rivenがあるなら基礎ダメ、コンボ持続時間、クリ率、クリ倍率あたりの補正が欲しいですね。

 

ちなみに、ESO3ウェーブ目のグリニア相手に使うとこんな感じ。1番増強のスタックが70%しかないのに、100,000ダメージ出てます。(1番にはフューリーの効果もおそらく乗ってます)

装甲値によってダメージが軽減されても、なおこのダメージ。

画面に表示されているアフィニティを見て分かる通り、けっこう殲滅力があることがわかりますよね。

イメージ的には範囲が狭くなった代わりに連発できるEQUNOX陽4番といったところ。

 

以下、蛇足。

  • P基礎
  • OD基礎
  • P毒
  • 90属性
  • 増強

を装着した状態で、アビリティ威力100%の1番のステータスを比較すると

  • JAW SWORD=6347.25
  • MIRE=6077.25

となり、わずかにJAW SWORDが上回りますが、Riven MODを考慮すると話が変わってきます。

Riven MODは基礎ダメージの補正値がめちゃ高く設定されているため、相対的に他の基礎ダメージMODの価値が下がるからです。

そして、JAW SWORDの増強MODは基礎100%ですが、MIREの増強MODの方は毒100%なので、Riven MODの補正次第ではMIREに軍配が上がることもあります。

KUVA耐久用ビルド(4番)

  • 必要フォーマ4個

>>参考にしたビルド記事はこちら

KUVA耐久(20分まで)用のビルド。一番驚かされたのがNEKROSじゃなくてもソロで20分行けるってことです。

コピペみたいになってしまうのでMOD構成など詳細は省きますが、めちゃ良いビルドなのでぜひ使ってみてください。

ただし、4番で敵を倒していくビルドなので、分隊員の中には嫌がる方もいるかも。KUVAはソロでやるのがおすすめ。

使い方とか立ち回り

KUVA耐久では、KUVAハーベスターと敵との道の間に、4番の引き寄せ範囲があるように設置しましょう。

そうすれば、KUVAハーベスターに攻撃しようと近づいてきた敵は、全て4番で捕らえることができ、4番の秒間ダメージだけで倒せます。

Venariは回復行動がおすすめ。KUVAハーベスターをターゲットにしておくと、ヘルスが減ったらすぐに回復してくれます。

VENARI

BITEがなかったので割りと適当。手に入れたらちゃんとビルドを組んでみます。

おすすめMOD

  • Maul、Hunter Command、Hunter Synergy

火力系MOD。攻撃形態は確定で切断DOTを与えられるので、ちゃんと育てれば強そうな感じはしますが、KHORA本体だけで十分な火力を出せるのであまりメリットを見いだせてないです。

  • Link Health、Pack Leader

耐久系MOD。Pack Leaderを入れておけば、ほとんど倒れることはないですね。もし倒れてもエネルギー消費で復活してくれるので通常のキャバットより優秀。

  • Animal Instinct、Hunter Recovery

レーダー2種付いたAnimal Instinctがめちゃ便利。しかも、通常のコンパニオンにもつけると更に効果が加算されます。

Hunter Recoveryは回復量自体はけっこう優秀ですね。肝心のキャバットの挙動があれですが。

その他のビルド記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器の解説とビルドの記事一覧

装備の育成が終わり次第、随時新しいビルド記事を追加していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Warframeビルド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント

  1. 匿名 より:

    PS4 MR23のヘタレテンノです
    JAW SWORDのRIVENを持っていることもあって
    (ロール中でまだ使い物になってませんが)
    ぬこさんのKHORAビルド(ESOのほう)少し変更して使わせていただきました
    ・Hunter Adrenaline → FE(エネ効率厨なのと無駄に連発するので)
    火力やばいですね
    感染体相手に100万ダメージオーバーを出した時は笑えてきました
    グリニアもずっとワンパンでしたし
    普段使い出来そうなところも良い感じです

    • Nuko Nuko より:

      Riven羨ましい……
      この火力は実際に使うまでなかなか想像できませんよねー。
      私はESOでしか使ったことありませんでしたが、確かに2番CC、3番回復とか、4番CC兼範囲攻撃と、使い方次第で色々なミッションに対応できそうな感じです。

  2. 匿名希望 より:

    やはりスティールチャージよりCPなのですね。間違ってなくてよかったです。
    素晴らしいページだと思いました。自分はps4でKhora大好きマンなのでどうにかして布教をしたいと思っていたのでその際はこの記事を使おうかと思います()
    作成の面倒さだけが弱点なので、プラチナで買うのも悪くないフレームだと思いますね。それだけの価値はあると思います。

    • Nuko Nuko より:

      UmbralMODを入れるからコスト容量がほしいとか明確な理由があればSteel Chargeも選択肢に入ってくると思います。ただ迷っている段階ならCPの方が個人的にはおすすめですねー。
      作成難度のせいか使っている方はあまり見かけませんが、KHORAの性能はフレームの中でも上位に入ってくると思うのでどんどん布教とブログの宣伝しちゃってください!

  3. 匿名 より:

    日本語wikiでの情報が乏しくビルドに悩んでおりましたところ大変参考になりました。
    ありがとうございます。