【Warframe】TIBERON PRIMEのビルド紹介

武器ビルド

プライマリ武器「TIBERON PRIME」の解説とビルドを紹介していきます。

スポンサーリンク

TIBERON PRIME

必要素材 必要MR
TIBERON PRIME
  • バレル(1)
  • レシーバー(1)
  • ストック(1)
  • オロキンセル(10)
14

TIBERON PRIMEの特徴

TIBERON PRIMEの特徴は、バースト、セミ、フルオートを任意で切り替えて射撃できることですね。

バーストとセミはクリティカル関係、フルオートは状態異常のステータスが優れています。

なので、ビルドを少し変えるだけで色々な使い方ができますね。

 

現在の射撃モードは画面右下で確認でき、セカンダリ射撃ボタンでいつでも切り替えることができます。

順番はバースト→セミ→フルオート→バースト・・・。

TIBERON PRIMEのビルド紹介

Hunter Munitions&感染ビルド(バースト・セミ)

  • 必要フォーマ3個(MODランク最大時)

Hunter Minitionsによる切断と感染のヘルス半減を組み合わせた定番のビルド。

クリティカル確率の高いバーストとセミを切り替えながら戦います。

  • バースト:高DPS。硬い敵向け
  • セミ:弾持ちが良いので雑魚向け

腐食or放射線ビルド(バースト・セミ)

  • 必要フォーマ4個(MODランク最大時)

上のビルドは状態異常無効の敵に対しては、著しく与ダメが落ちてしまうので、そういうボスとかにはこっちがおすすめです。

  • Hunter Munitions → Heavy Caliber
  • Vigilante Armaments → 90属性

大きく変わったのはこの2枚ですね。属性は敵がFerrite Armor持ちなら腐食、Alloy Armor持ちなら放射線が基本。

その他のビルド記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器の解説とビルドの記事一覧

装備の育成が終わり次第、随時新しいビルド記事を追加していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
武器ビルド
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント