【Warframe】ガンツリスト・ハイドロリストの攻略と解説

ミッション・イベント攻略

今回は、エイドロンガンツリスト・ハイドロリストの攻略法や倒し方について解説していきます。この2体は特別な条件を満たすと出現し、テラリストより手強くなっています。

また、強いアルケインがドロップするということもあって人気のコンテンツなのですが、分隊員によって周回速度が大きく異なります。

なので、今回は英語クライアントのリクルートチャットにも少し触れます。

私自身のハイドロリスト確保数が50~60回程度しかないので参考程度にどうぞ。

スポンサーリンク

ガンツリスト・ハイドロリストの攻略法・倒し方

基本的な倒し方はテラリストと一緒で、ちょっと行動パターンが変わるぐらいですね。

なので、特に注意したほうが良い行動以外は紹介しません。詳しく知りたい方はWikiを参照してください。

>>Wikiで行動パターンを調べる

とは言っても、他にも覚えることが多いのでそこまで必死に覚えなくても大丈夫。それよりも実際に経験したり、アルケインやクロスフォーカスを揃えることのほうが重要になってきます。

関連記事

エイドロンテラリストの倒し方を詳しく解説!

1.ルアーを8個集める

まずはエイドロンを確保するためのルアー集め。テラリスト2個、ガンツリスト3個、ハイドロリスト3個で合計8個のルアーを集めましょう。

リクルートや固定分隊であれば、CHROMA(RHINO)が1個持っていき、TRINITYが7個の配分が多いです。

2.テラリストを確保する

確保。

3.祭壇で鮮明なエイドロンの欠片を捧げる

テラリストを確保すると、「鮮明なエイドロンの欠片」をドロップするので忘れずに拾っておきましょう。

そして、草原中央付近のGARA TOHT湖にある「祭壇」に向かいます。

 

鮮明なエイドロンを持った状態で祭壇に近づくと、「奉納する」(言葉はちょっと違うかも)と出るのでアクションボタンで奉納します。

分隊員全員が欠片を奉納すると「エイドロン ガンツリスト」が出現し、黄色い光を放つのでそこへ向かいましょう。

4人全員が一気に奉納しようとすると、誰か奉納して誰がしていないのか、わかりにくくなってしまいます。できれば1人ずつ奉納するようにしましょう。

4.ガンツリストを確保する

テラリストと他の2体との大きな違いは関節の数。テラリストが4つなのに対し、他2体には関節が6つあり、人間で言うところの肩甲骨あたりに関節が追加されています。

やることは一緒ですが、確保するには充電済みルアーが3個必要になります。

注意するべき行動は、ショックウェーブ(踏みつけ)から派生の連続ショックパルス。これに当たると大きくノックバックします。

しかも、頻繁にやる行動ではないので不意をつかれることも多く、できればこれをやらせる前に確保したいところ。

光の柱のほうは与ダメージは凄まじいですが、Voidモードでも避けられるので慣れたらそこまで危険ではないです。

5.祭壇で光輝なエイドロンの欠片を捧げる

ガンツリストを確保すると、今度は「光輝なエイドロンの欠片」をドロップするので、それを祭壇に奉納しましょう。

ハイドロリストは出現時、緑色の光と雷を放ちます。

6.ハイドロリストを確保する

ハイドロリストにも6つの関節があります。場所は同じ。

注意したいのは、ボンバリストブルームと叩きつけからの磁気パルス

ボンバリストブルームは紫色のポータルで、強めのボンバリストを召喚し、さらに周囲のボンバリストを無敵にしてしまいます。

ブルームがいる状態でシールド回復の咆哮をされてしまうと厄介なので、見かけたらすぐにアンプで破壊しましょう。

 

次に叩きつけからの磁気パルス。ハイドロリストの叩きつけから発生する衝撃波は、一定の距離を進んだらそのまま緑色の泡になります

そして、泡はゆっくりと上昇しつつ大きくなっていき、ある程度まで大きくなると破裂して磁気パルスを発生させます。

この磁気パルスのダメージが凄まじく、まともに4つ全てに当たってしまうと耐えるのは難しいです。

アンプの攻撃で泡を破壊できますが、個人的には泡は無視してハイドロリストへの攻撃を優先し、磁気パルスはタイミング見てVoidモードで避けてます。

7.一度シータスに戻り、再度ルアーを集めるところから始める

ハイドロリストの確保が終わったらシータスに戻ります。周回する場合はまたルアー集めからですね。

エイドロン3兄弟におすすめな装備

Warframe

  • CHROMA/RHINO
  • VOLT
  • HARROW
  • TRINITY/OBERON

リクルートで募集されているのはこの辺りのフレーム。

関連記事

Warframeの入手方法とビルド記事の一覧

武器

  • LANKA

スナイパーライフルは特に理由がなければLANKAを持っていきましょう。

それに加え、CHROMAであれば自爆・自傷武器、TRINITY/OBERONは必要ならルアー集め用のセカンダリ武器を持っていきましょう。

関連記事

LANKAのビルド紹介

武器の解説とビルドの記事一覧

フォーカス・アンプ

  • アンプ:123,223,323,423
  • アンプ用アルケイン:フューリー or シャドウ
  • オペレーターアルケイン:ヴィガー、ハスクorエレベート
  • テンノ道:MADURAI or UNAIRU

アンプはx23の構成なら何でも良いです。ちなみに、Void Dashをエイドロンの頭に当てるとヘッドショット扱いされるのでシャドウを発動できます。

オペレーター用アルケインはヘルス上昇のヴィガーは必須、もう1つは好みで。

テンノ道はCHROMA/RHINOはUNAIRU、その他3人はMADURAIがベスト。

関連記事

アンプの解説とおすすめの組み合わせについて

おすすめのフォーカスとテンノ道を紹介していく!

アークウィング

  • ITZAL

1番で高速移動、2番で急停止ができるので便利。

ルアーをハッキングする時は、停止してからルアーに向けて1番でつっこむと、アークウィングに乗ったままハッキングしやすいです。

フレーム別の動き方・立ち回り

フレームと言うか役割別の立ち回りを紹介していきます。固定分隊以外はランダム要素も大きいので、一例に過ぎません。状況に応じて柔軟に対応してください。

CHROMA/RHINO(火力役)

CHROMA/RHINOの主な役目は、他3人にUnairu Wispを配り、関節破壊&最後のフェーズでエイドロンを倒すことです。

基本的にはルアーを1個必ず持っていきます。

そして、ボンバリストを探し出来るだけ早く充電を終わらせましょう。充電が終わったらテラリストのもとへ向かい関節を破壊します。

関節破壊時の磁気衝撃波が終わったら、すぐにUnairu WispをばらまいてVOLTとHARROWのアンプ攻撃をバフします。HARROWの4番があれば磁気衝撃波中でも自由に動けます。

そして、テラリストの関節を全て破壊したらTrinityが7個のルアーを持ってくるので、集まってくるボンバリストを倒して充電しましょう。

他3人はVoid Strikeを貯めている可能性が高いので、ルアーを充電できるかは火力役にかかっています。

アンプで攻撃する必要はないので、ATTERAXやSCOLIACなどの範囲が広い武器でスラ格するのがおすすめ。

充電済みルアーが確保できたら後は倒すだけ。ガンツリスト以降も基本は同じですが、出現したときにもUnairu Wispを配りましょう。

関連記事

CHROMAの入手方法とビルド紹介

武器の解説とビルドの記事一覧

火力を出すポイント

エイドロンが起き上がるまでに、VOLTの3番がどこかに6枚重ねて置いてあるはずなので探し、弾がシールドを通ってエイドロンに当たるように射撃しましょう。

また、エイドロンにはヘッドショット判定がありますが倍率は1.0xとなっています。

しかし、HARROW4番のクリ率加算の効果はヘッドショットすると4倍になるので、HARROWがいるときは頭を狙いましょう。

 

ちなみに、ボンバリストを呼んでいるときのエイドロンは無敵ですが、この時間を利用してスナイパーのコンボ倍率を貯めることが可能です。

充電済みルアーの数が十分にあり、かつ火力が不安であれば、エイドロンに攻撃してコンボ倍率を3.0程度に維持しておきましょう。

VOLT

始まったらすぐにテラリストに向かい、3番を置いてテラリストのシールドを削ります。

シールドを削りきった後は、火力役が関節を破壊するまでVoid Strikeを貯めながら待機。

火力役が関節を破壊して磁気衝撃波が終わったら、3番を置いた後Wispを取得して攻撃を始めます。

このとき、3番の位置はエイドロンから15m以内に置きましょう。そうしないとT2スカフォードの攻撃が届きません。

ちなみに、シールド削りのときは3番を重ねる必要はないです。

 

関節を全て破壊したらエイドロンがボンバリストを呼び始めるので、その間に火力役をバフするための3番を置く場所を決め、6枚重ねて置きます。

3番を置いた場所からエイドロンの頭を狙えることが重要です。ガンツリスト、ハイドロリストはめちゃ大きいので要注意。

置いた場所をウェイポイントに設定しておくと、火力役が見つけやすくなると思います。

 

あと細かいことですが、3番は一貫した場所に置いたほうが良いと思っています。

例えば、関節を破壊する毎に3番の位置がめちゃ近かったり遠かったり、エイドロンの背後に置いたり正面に置いたりetc……という置き方だと味方が利用しにくいからです。

かといって、一度に4,5枚置いているとエネルギーもキツイですし、Void Strikeを貯める時間も減ってしまうので、できるだけ同じ距離、同じ位置に2枚前後置くようにするのがおすすめ。

関連記事

VOLTの入手方法とビルド紹介

HARROW

HARROWも始まったらすぐにテラリストに向かい、VOLTが3番を置いたら攻撃を始めましょう。その後Void Strikeを貯め続けるところまで同じ。

火力役が関節を破壊したら、磁気衝撃波に4番の無敵をかぶせます。こうすることで、磁気の状態状を防げるので自由に動くごとができ、アルケイン ナリファイも不要になります。

さらに、4番の無敵中に受けたダメージに応じてクリ率加算のバフが付与されるため、最後のフェーズでも役に立ちます。

運用上、ビルドのアビリティ時間がめちゃ大切。長すぎると次の磁気衝撃波に間に合いません。ビルド記事の方で4番を使うタイミングとかも紹介してるので参考にしてください。

関連記事

HARROWの入手方法とビルド紹介

TRINITY/OBERON(ルアー集め・保護)

野良だと役割がかぶることがあるのでまちまちですが、リクルートや身内分隊なら何も言われない限り、TRINITY/OBERONが7個のルアーを集めます。

 

引用:Reddit

ルアーのスポーン地点。赤丸は予備のルアーで、足りないときはここから持っていきます。

 

始まったらグリニア基地を周ってルアーを集めていくのですが、ルアーを集めきる前にテラリストの全ての関節破壊が終わったら、急いでテラリストのもとに向かいます。

逆に、7個集めた時点でまだCHROMA/RHINOのルアーが充電されていない場合は、テラリストのもとへは行かずに、少し離れたところで待機しましょう。

ちなみに、テラリストの確保には充電済みルアーが2個あれば良いので、ボンバリストを呼ぶフェーズでは、1~2個だけテラリストの近くに待機させて、自分は他のルアーを連れてテラリストから離れると充電しやすくなります。

TIRINITYの立ち回り

基本的には4番のダメージ軽減バフを切らさないようにするだけです。特にガンツリスト以降は攻撃が激しくなるので、こまめに確認しましょう。

ルアーは適宜4番を使用していれば壊されることはありませんが、ガンツリストの光の柱のような攻撃には注意。

OBERONの立ち回り

やったこと無いので省略。

より多く周回するためのコツとかポイント

ルアーを高速で充電する方法

引用:Doing 5×3 every night

個人的に一番重要だと思っているのが、「いかに早く1個目のルアーを充電するか」です。僅かな差に見えるかもしれませんが、より多く周回するためにはとても重要なことです。

野良だとほぼ無理ですが、この方法なら1分前後で充電できるようになるので、リクルートや身内で行く方はぜひやってみてください。

ホスト(CHROMA/RHINO推奨)

TWIN HORNSでルアーを1個ハッキング → ドアの前に戻る→ 青い丸で囲まれた辺り(上の画像)にボンバリストが出現する → ボンバリストの外殻を壊してルアーを充電する

他の3人

ホストがルアーを連れて戻ってくるまでドアの前で待機 → ホストが戻ってきたらテラリストへ向かう、もしくはルアーを集める

 

ルアーを持ってくる役はホストじゃないとダメなようなので、CHROMAかRHINOがホストになりましょう。

Enemy Radarを入れているとボンバリストを見つけやすくなります。(CP3枚揃ってることが条件)

 

一連の流れはこんな感じです。

Quick Charging in Tridolons

祭壇にアイテムをドロップさせる方法

※間違えてスラムアタック出しちゃったので失敗してます。祭壇の手前で着地してください。

  • エイドロンのヘルスを削りきった瞬間に確保or討伐の判定が行われる
  • アイテムは確保に使用されたルアーがある場所にドロップする

この2つの仕様を利用すると、祭壇やドアの前にアイテムをドロップさせることができ、少し時間を節約することが可能です。

具体的には、エイドロンのヘルスを削り切る → ルアーを持ってる人が祭壇(ドア)に向かう → ルアーから離れた状態で祭壇に着地するとルアーがワープしてくる → 確保に使われたルアーが消滅しアイテムがドロップ

という流れです。

ガンツリスト以降は祭壇から近いところに出現するので割と簡単ですが、テラリストは遠い場所に湧くこともあるので、祭壇へ着く前にアイテムがドロップすることもあります。

できるだけVSを貯めよう

エイドロン戦で一番時間がかかるのがシールド削り。

そこで重要になってくるのがVOLT3番のシールド、Unairu Wisp、Void Strike(VS)です。

前2つのバフは特に説明する必要がないので省いて、ここではVSの貯め方について書いていきます。

VSを貯めるタイミングは主に

  • ドアのところで待機してる時
  • 関節破壊~磁気衝撃波
  • ボンバリストを呼ぶフェーズ以降

この2つです。

基本的には、火力役が優秀なら他3人はスナイパー武器を使う必要はほとんどありません。(ショックウェーブで遠くに飛ばされたときぐらい)

むしろ、VS持ちが関節破壊に手を出してしまうと、VSを消費する&その間VSが貯まらない≒シールド削りが遅くなる、となって逆効果になる可能性があります。

この辺は火力役次第なところが大きいですね。

あとボンバリストを呼ぶフェーズは、かなり長い時間VSを貯めることができるので、そのままVSを貯め続けるのか、一旦VSを消費しきってから再度貯めるのかよく考えましょう。

英語クライアントでよく見かける単語について

野良で3周以上することは難しいので、効率を求めるならリクルートを利用するのがおすすめ。ここではエイドロンの募集でよく使われる英単語の意味を紹介していきます。

  • H:ホスト。分隊員募集中。
  • LF:~探してます。
  • 1~3/4:現在の分隊員の数。3/4なら3人揃ってますの意。

ここまでは他の募集でも見かけるので覚えておくと良いです。

 

  • Tridolon:エイドロンテラリスト、ガンツリスト、ハイドロリストの総称。日本だと3兄弟とか3エイドロンとか色々ありますが、英語はこれで呼びます。
  • VS:Void Strike。MAX VSはランク最大のVS。
  • UW:Unairu Wisp。
  • Trin:フレームのTRINITY。
  • 3×3、4×3、5×3:1晩で何周を目指すか。4×3なら4周。
  • caps:ハイドロリストの確保数。例えば募集で100capsが付くと100回以上確保した人だけ募集ということ。

このあたりがエイドロンの募集でよく使われることが多い単語。

 

  • Shrine:祭壇のこと。厳密には祭壇はaltarらしいけど気にしたら負け。
  • Lure:ルアー。
  • Terry:テラリスト。
  • Garry:ガンツリスト。
  • Harry:ハイドロリスト。

チャットで使われるのがこの辺。相手の言いたいこと全てを理解できなくても、この辺の単語が分かれば、なんとなく理解できるはず。

たまにですが、最後のフェーズでウェイポイントにVoltのシールド置いたよor置いてねって言われることもあります。

あとはだいたい世間話か罵り合ってます。


以上「【Warframe】ガンツリスト・ハイドロリストの攻略と解説」でした。

3兄弟はテラリスト単体と違って、分隊全員が力を合わせないと3周以上するのは難しく、野良はもちろんリクルートでも当たり外れが大きいです。

例えば、3周を目指すという募集で集まっても1周20分かかる分隊もあれば、10分切るような分隊まで様々。

もし「あ、この人うまいな」という方がいたら、フレンド申請してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミッション・イベント攻略
この記事をシェアする
Nukoをフォロー
スポンサーリンク
ODM.com

コメント